FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日、ファミリーマートに寄り、何気に昼飯探していると、「三元豚のカツカレーライス480円」というのが目に入った。昨日から、カツカレーのことばかり考えていたので、「これしかない」と、さっそく買うことにした。
いつも昼飯には2~300円しか使わない僕にとっては、480円はやや高いが、「ほっともっと」のカツカレーだって500円する。しかも、三元豚である。三元豚のどこが偉いのかは知らないが、わざわざアピールしているのだから、只の豚よりはおいしいのであろう。
そもそもコンビニの弁当に期待するのも筋違いであり、以前、しょっちゅうコンビニで弁当買ってた頃は、何も考えず、ただ、量と値段との兼ね合いだけを基準に買っていたものだ。味にまで期待はしていなかった。コンビニの食品とは、その程度の物だったのである。
ところが最近では、コンビニ間の競争が激しくなり、食品の味、質も、ずいぶんよくなってきているとの評判である。それで、久しぶりのコンビニ弁当にも、期待してみたのであった。
で、結果はどうであったか。
やや時間がたってから温め直したせいなのか、豚カツのコロモがややふやけて厚くなっており食感はイマイチ。肉も、うーん、あんまりいい肉食べたことがないので比較しようがないが、まあ、普通の味である。
カレーは、妻のより、かなり辛い。ウチのは甘口なのである。このカツカレーは、辛い。しかし、というか、だから、というか、おいしい。コクがあるという感じでもないが、辛い分だけおいしい。自然と汗が噴き出した。
総合評価としては、「まずまずの味で値段相応なのであろうが、騒ぐほどのことはない。しばらくはいいです」というものである。
たぶん、セブンイレブンやローソンのカツカレーも似たような味なのだろう。機会があったら、一度はチェックしてみようと思う(時間はある)。
しかしそれよりも、買ったままになっている「銀座カリー(中辛)」と「カレー曜日(辛口)」を早く味見してみたい。しかも、それらには、豚カツではなく、最近購入した電子圧力鍋で作る「豚(三元豚なら、なお良し)の角煮」をぶち込んでみようと思うのだ。ただでさえ、とろけるおいしさの角煮である。カレーと合わされば夢のようなおいしさになるのではと思われ、我ながらグッドアイデアだと感心しているのだが、頼まれた妻の方は、一言、「おいしくはならないんじゃない?!」と表情も変えなかった。
どちらか正しいか、今月中には決着がつくことであろう。
人生、まだまだ、確かめてみなければならないことだらけである。
DSC_0050-10.jpg
2013.01.02 Wed l 雑感 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://uribou1.blog74.fc2.com/tb.php/63-27b3b6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。